人を育むレクリエーションゲーム

  • 楽しむだけではないレクリエーションの効果

    • 高齢者施設などでレクリエーションを取り入れるところが増えています。

      もちろん利用者さんに楽しんでもらうという事が大きな目的ではありますが、それ以外にも大きなメリットがあります。

      遊びを通して体や頭を使うことで、心身に良い影響が出ることがあるのです。

      高齢になると、なかなか積極的に体を動かせなくなってしまいます。


      体の動きを伴うゲームなどを行う事は単なる遊びではなく、体の機能を保つことにつながるのです。

      待望のダーツを購入の有益な情報をお届けします。

      体を動かすきっかけとしてこうしたレクリエーションを取り入れていくことによって健康維持に大いに役立つことになるでしょう。
      動きだけではなく頭を使うという事も効果的です。

      ゲーム性のあるものは頭を使うことが多いので、脳の機能維持に役立ちます。楽しみながらこうした形で体や頭に刺激を与えることを続けていくと、暮らしの質も大きく上がっていきます。



      より効果を高めるためには、体と頭を両方使うようにするレクリエーションを取り入れるとよいといわれています。

      頭を使う事をしながら体も動かしていくという事が認知症予防にもつながっていくようです。



      レクリエーションを考える際には、こうしたメリットを十分受けられるようなプログラムにするよう工夫していきたいところです。
      もちろん効果も大切ですが、利用者が楽しめる形をとることも大切です。

      普段のケアで向き合う中でどのようなことに興味があるのかをつかみ、それをレクリエーションの中身に反映していきましょう。