SIMカードとはいったい何なのか

SIMカードとはいったい何なのか

格安スマホという言葉を最近よく耳にしませんか。

これはキャリア3社(ドコモ、au、ソフトバンク)以外で出ているプロバイダで契約した際にかなり安く利用できるメリットがあります。


月々のプランにもよりますが、キャリアの3分の程度の料金で済んでしまうということもありますし、料金の安さだけで選ぶというのであればメリットはかなりあります。

ちなみに、今使っているスマホや携帯電話でも、そのプロバイダのプランを利用することが出来ます。
その際にはSIMカードが必要となります。



そもそもこのSIMカードについてなんとなくわかっているようでわかっていないという方のために少し掘り下げて説明をします。
SIMカードとは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことです。

これさえわかっていれば話が通るのではないでしょうか。



このICカードに電話番号などの情報が記録されていますので、要はカードを入れ替えればその端末が自分のデータの入った端末として使用することが出来るようになります。しかしここで注意ポイントがあります。
それはキャリアなどで売られている機種端末に関しては、SIMロックというものがかけられていて、カードを入れても使うことが出来ません。

まずはロック解除をしなければなりません。


ロック解除においては、各キャリア会社に端末を持参して、3000円ほどの費用で行ってもらうことが出来ます。



そうすればキャリアの縛りもなくなりますし、好きなプロバイダのプランを選択してカードを購入して使うことが出来ます。


ちなみにロック解除をした際にはキャリアの保証なども外れることになりますのでその点は注意が必要です。

またロック解除が必要でない端末というのも中にはあります。
それがSIMフリー端末というものです。

格安SIMカードを利用する際には、ロック解除をしてもらう、もしくはフリー端末を用意して使うようにしましょう。

キャリア解約したスマホであっても、ロック解除の作業をすれば使えますし、新しく購入しなくても使えるケースがあるということになります。ちなみにwifiモデルとなっているものはカードを入れて使うことが出来ないタイプですし、通話なども電話番号を使った回線の通話はできません。
契約自体も違ってきます。

今注目されている格安SIMの存在ですが、かなり契約数が増えていると報告されています。


そのためみなさんがネットをよく使う時間帯においては、回線も混みあってしまい速度が遅くなるといったこともあります。

それは料金が安いということと、天秤にかけて比較してみる必要があります。
料金の面では格安スマホの方がお得ではありますが、やはりキャリアというのは料金が高い分速度が安定していたり、電波状況も良いと言ったメリットはあります。

使用頻度によってもニーズによっても異なると思いますので検討してみましょう。