SIMカードの種類と入手方法

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末はSIMカードと呼ばれる小型のチップを挿入することで通話機能やネット接続が利用できるようになります。
このチップには電話番号やネット接続を利用する為の情報が記録されています。
SIMカードを他の端末に入れ替えても電話番号やネット接続に関する情報は変わらず、そのまま利用することができます。


SIMカードは技術の発展によって規格が変更されており、その形状は年々小型化しています。モバイル端末側でもSIMカードに合わせて挿入部分の形状が変わります。

その為、カードと端末が同じ規格同士でなら問題無く使えるのですが、異なる規格同士では使えないことがあります。



SIMカードを他の端末に差し替えて使う場合、端末側のロックを解除しておく必要があります。


最近の端末は最初からロックが解除されたSIMフリー端末が主流ですが、携帯会社などの端末はロックされた状態で渡されることがあります。

手間は掛かりますが、携帯会社の端末でも店頭でロックを解除してもらうように相談すれば応じてくれます。

SIMカードはモバイル端末を購入時に合わせて契約することがほとんどです。

通常は契約時のカードを利用すれば良いので、新しいカードを入手する必要性はありません。

何らかの事情でどうしても新しいカードを入手したい場合は、携帯会社やMVNO各社で新規契約を行うことで入手することが可能です。

新規契約は各社のネットサイト上から全ての手続きを済ませることができます。



新規契約には3000円前後の事務手数料が発生することに注意しましょう。

料金の支払い方法は各社が指定する方法で行うので事前に調べておくと良いです。

ネットサイト上から契約する場合、各社が提供するキャンペーン情報は確認しておくと良いです。



モバイルルーターなどの機器が端末代無料で貰えたり、数万円のキャッシュバックを貰えたり、お得な特典があります。

SIMカードは提供している会社によって種類が異なります。


携帯会社が提供しているものだと音声通話とネット接続が可能で、専用のキャリアメールを利用できるという特徴があります。


モバイル端末でスマートフォンを利用する場合は携帯会社のSIMカードを使うのが良いでしょう。
料金は使用頻度で変動する従量課金プランと定額固定料金の使い放題プランなどがあります。
1枚のカードで幅広い用途に対応しているので料金は高めです。

MVNO各社が提供しているものだと音声通話非対応でネット接続がメインのSIMカードが人気です。

モバイル端末でタブレットやモバイルルーターを使用する場合はこちらを選択すると良いでしょう。

最近では音声通話対応カードの提供も増えているので、携帯会社とどちらが良いかは各社のサービスや料金を比較して決めたいです。


音声通話非対応カードは1000円未満で利用することもできます。

ただし、料金が安いプランは月間通信量の上限が低く、ネット接続を頻繁に利用するなら別のプランを選択しましょう。