SIMカードのことを知って格安スマホを利用しよう

今テレビコマーシャルでも頻繁に流れている格安スマホですが、料金がとにかく安いという印象をお持ちの方も多いと思います。

実際キャリアと言われている3社(ドコモ、エーユー、ソフトバンク)と比較すると毎月の携帯料金が3割程度におさまったという声もあります。


もちろん選ぶプラン次第ということもありますが、キャリアでは1万円近くの料金がかかってしまっている方も多く、家族全員で持つとなるとかなりの費用です。


学生さんなどできるだけ費用を抑えたいという場合にもプロバイダの選び方次第では料金を抑えていくことが出来ますので、各会社での比較をしてニーズに合った所を選んでいきましょう。

ちなみにスマホや携帯を使う際には、wifiモデルの場合にはSIMカードを使えないこともありますが、そうでない場合には通常SIMカードを端末に挿入して使います。

ではこのカードはいったい何なのかということから始めていきましょう。

なんとなく言葉は聞いたことが有っても詳細が分からない方も多いです。

SIMカードとは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことです。


このICカードを入れる事によってたとえば今使っているスマホも違った会社のプランで利用できるシステムが有ります。

昔はキャリアごとに機種が分かれいましたのでそういった使い方は出来なかったのですが、これがとても便利な点です。


SIMカードは標準タイプ、ミクロタイプ、ナノタイプと3つあり、いまはナノタイプという一番小さなものが主流です。

端末によって対応しているカードの形状が異なりますので予め確認してから購入することが必要です。

また、OSのバージョンによっては使用が出来ないケースもありますのでその点も確認が必要です。


さて、ここでSIMカードを今使っている機種に入れ替えればそのまま使えるかということですが、SIMフリー端末であれば使うことが出来ます。



これはSIMロックされていない端末のことです。

しかしキャリアで販売されているスマホや携帯のほとんどのモバイル機器ではSIMロックというものがかけられていますので、カードを挿入しただけでは使うことが出来ません。

まずはロックの解除という行程が必要となります。



このロック解除は各キャリアにスマホをもっていき3000円の手数料を支払えば行うことが出来ます。
ロック解除とともにキャリアの保証などもなくなりますので要注意です。


さらにもし契約解除をする場合には、2年縛りの契約をされている方も多いこともありますので、解約月を考えてから解約することをおすすめします。
多くのケースで料金が発生してしまうことになります。

格安スマホはかなり人気があり、契約者数がうなぎ上りです。

そのため飽和状態が起きているともいわれていて、通信速度が非常に遅くなってしまうということもあり得ますが、料金の面で選んでいる方が多いです。