SIMを複数枚持つことのメリットとは

SIMとは、一般にSIMカード(SubscriberIdentityModuleCard)のことをいいます。

携帯電話のキャリアにおいて、契約加入者を特定するための情報(ID番号)が記録されたICカードで、これが携帯電話に挿入されていないと通信サービスを受けてもらえず、通話もインターネット接続もできない状態となります。キャリアと契約して携帯電話を買う際には最初から挿入されていますので、通常の使用においてその存在を意識することはほとんどありません。



格安SIMと呼ばれるサービスが現れ始めたことで、注目を集めるようになった仕組みです。



格安SIMと言うのは、MVNO(仮想移動体通信事業者、MobileVirtualNetworkOperator)と呼ばれる、自社では通信設備を開設・運用せずに、ドコモなどの通信設備を持っている事業者から通信回線を借りることで通信サービスを行っている事業者が提供している通信サービスのことです。

MVNOは設備や店舗を自前で用意する必要がないため、大手キャリアと比べて格安で通信サービスを運営することができ、大手キャリアであればデータ通信の料金は1GBあたり1、000円程度というのが相場ですが、MVNOでは1GBあたり300円を切るところもあります。

そのため、通信費を安く抑えるためには格安SIMに乗り換えるというのが有効な手段として各種メディアで紹介されるようになりました。

大手キャリアとの契約であれば、どれだけ通信量を抑えても月7、000円程度は掛かるところ、格安SIMを使えば通話もデータ通信もできて月2、000円以下に抑えることも可能ですので、大幅な節約が可能でした。


もっとも、ワイモバイルやUQモバイルといった格安スマホを販売する大手通信事業者が現れたことで、MVNOの優位性は薄れつつあります。

そんな中でも、MVNOのものを含めて複数枚のSIMを持つことにはいくつかのメリットがあります。

1つは、いわゆる2台持ちで、片方を信頼性のある大手キャリアとの契約、もう片方を格安SIMで運用することで、電話番号もメールアドレスも変更することなくデータ通信費を安く抑えることができる点です。



つまり、大手キャリアとの契約を最低限のものに抑え(通話とメールだけなのでガラケーでもよい)、月2、000円~3、000円で運用し、データ通信専用の格安SIMで運用するスマホを別に所有(1GBあたり300円程度で使うことができる)すれば、スマホの1台持ちよりも2台持ちの方が安くなります。

また、通話し放題の契約が可能なものと、データ通信料の安いものとを組み合わせることにより、通話もインターネットもできて通信費は2、000円以下という契約が可能です。
2枚のSIM使い分けるため、デュアルSIM(スマホに2枚のカードを挿せる端末)でデュアルスタンバイ(2枚のSIMで同時に待ち受け可能なこと)の端末を使用することが前提ですが、端末にこだわりがなければ通信費を最安値に抑えることができる方法となります。