携帯電話やスマートフォンに欠かせないSIM

携帯電話やスマートフォンには必ずSIMと呼ばれるカードが挿入されています。

携帯電話やスマートフォンに割り振られている固有番号を記録してあるものでこれがないと通信などが行えません。したがって購入時にはこのカードが必ず挿入された状態で買うものでした。

ところが最近ではフリーSIMという携帯電話会社の紐付けがなされていないものも登場しており、競争が過熱化している状態です。
そもそもこのカードは大手携帯電話会社が自社でしか使用できないようにしてあったのですがその後の規制緩和の流れで他社の携帯電話などでも使用できるフリーSIMが登場するに至りました。



三社で独占するのではなく他社のサービスやスマートフォンなどが優れている場合にはそちらに気軽に移りやすくしたわけです。

現在ではフリーのものの登場もあってスマートフォンなどは様々な業種などによる参入が相次いでいます。

フリーのものがなければこうした事態は起こりえませんので自然と価格なども含めた競争状態が発生した次第です。

大手キャリア業者も手をこまねいているわけではなく、こうしたフリーSIM対応を急ぐと共に顧客の囲い込みを行うなどサービスアップを図っている状況になります。

フリーにしても大手キャリアが提供したものであってもこのSIMカードは大きさがあり、スマートフォン向けのものやあるいはタブレット端末向けのものなどのようにそもそも挿入できるものが異なるという特徴があります。


スマートフォンやタブレット端末などを購入する際には必ずSIMカードの大きさとその大きさにマッチした端末を購入するように注意を要するわけです。

またこの大きさの異なるSIMカードには昔によく使用されていたものと現在の主流機で使用されていたものとで大きさが異なる場合も出ています。したがってフリーSIM対応のスマートフォンであってもこの大きさが異なるものがあることは知っておく必要があります。
現在の主流のものと二世代程度前のものとでは挿入がそもそも出来なかったりあるいは大きさが違うために使用できない可能性を考慮することが大事です。



フリーSIMの端末購入時にそもそも対応できるものかどうかをしっかりと確認の上で購入するなどの注意が必要です。
その他にも大手キャリア会社のものなのかあるいは格安業者によるものなのかでも使い勝手が異なるため、これからフリーSIMのものを購入しようと考えるときには注意すべきことが多数あるので確認をしっかりと行う必要があります。



大手キャリアの場合にはフリーのものも増えましたがその大手のものしか利用出来ないSIMもあるため、もし買い換え時に別の会社のものへと移行したいと思う際には注意が必要です。

同じ携帯番号のままにしておきたい場合には最初からフリーSIMにしておくなどの対策を講じることで買い換え時に混乱をしなくて済みます。


将来も同じ会社のものを使用したい場合にはそれほど心配をする必要はありません。