SIMカードってそもそも何でしょうか

SIMカードってそもそも何でしょうか

格安SIM、ということばをよく耳にする、コマーシャルでもかなり流れていてスマホを安く使えるものというのはなんとなくわかっているけれど、SIMが良くわからないという方も意外といます。SIMカードとは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことです。


このIC―カードを携帯やスマホ端末に入れて使うのですが、今もし電話番号が付いた端末を持っているのであればこのカードは入っているはずです。

キャリアで購入すると店員さんが小さいカードを端末に入れているのを見たことがあるかもしれませんが、そのカードがこちらです。


まず自分の契約のデータが入ったカードのことだとわかればその後の話も全てわかるでしょう。
ちなみにカードは標準タイプ、ミクロタイプ、ナノタイプと3種類あり、今の機種に関してはほとんどがナノタイプです。



発売された年月によっても対応しているカードが異なりますので、これから格安SIMを購入するという場合には機種に対応したカードを調べておきましょう。OSバージョンによっても使えないことがありますので確認をしておくと安心です。

では、そのカードと端末さえあればすぐ使えるかということになりますが、結論としては使える時と使えない時があるということになります。

使える場合はSIMフリー端末の場合です。
スマホショップなどで売られていたりしますが、こちらのタイプでしたらどこのプロバイダのカードでも使うことが出来ます。使えない場合はキャリアなどで販売されていることが多いのですが、その際にはSIMロックが掛けられているのでまずロック解除をしてもらわなければなりません。



キャリアに端末を持って行き、3000円ほどの手数料を払えばしてもらうことが出来ます。それと同時にキャリアの保証なども外れることになりますので注意です。

さらに契約2年縛りでの契約をしていると、解約月によっては料金が発生してきますので、もし今のキャリアの解約をしてから格安タイプにするのであれば解約月も意識しておきましょう。

ロック解除をすることでキャリアの縛りもなくなり、豊富なプランを提案している格安プロバイダのプランも選択できるようになります。


このロック解除は、2015年5月に総務省からキャリア向けに通達があり、解除の義務化されることになったため、今はどこのキャリアでもその作業をすることができます。

格安SIMはかなり料金面でのメリットが期待できます。


たとえば今までキャリアでかけ放題などを使っていた場合でしたら、格安プロバイダとの契約によって3分の1程度の料金になったという声もあります。
一人1台持つことがほとんどですので、家族で全員所持するとなればその費用の節約を考えるととてもおすすめです。



しかし、時間帯によって混みあう時には低速になってしまうこともありますのでその点も知った上で利用しましょう。