Skip to content

お中元の意味について

お中元とは、日頃からお世話になっている方々や目上の方に向けて半年間の感謝の気持ちと、健康を願う気持ちを込めて品物を贈る風習のことです。もともとは中国の風習で、7月15日が「中元」と呼ばれ、祖先を供養する日となっていましたが、その習わしが日本で伝わった後で仏教の風習と混ざり、お盆の頃に感謝をあらわすための贈り物という行為に変化したのが由来とされています。お中元は、シーズンや地域、地方によって期間が異なりますが、基本的には7月中旬から8月中旬までとされているので、7月15日ごろをめどに送ると良いでしょう。健康を願うための日にでもあるので、暑い日が続く夏を快適に過ごしてもらうための品物が人気で、ビールやそうめん、清涼飲料水や冷たいお菓子などが選ばれることが多いです。

お中元は、これまでの感謝の気持ちや相手の健康を祈る風習であると同時に人間関係を深める機会でもありますが、基礎知識やマナーが守られていない場合は、相手に感謝の気持ちが伝わらないので、送る際に気を付けておきたいです。例えば、あまり高価なものが気を遣わせてしまうので予算の相場内で決めること、送る相手の好みや家族構成を考慮することなど相手への心遣いを忘れないことが大切です。また、熨斗を付けることは基本で、水引は基本的にほどけても結び直すことができることから何度も繰り返してよいという意味を持つ「蝶結び」や、ほどくのが難してく繰り返さないようによいう意味を持つ「結び切り」が望ましいです。贈り物の品物だけではなくマナーにも気を遣うことで、良い一層相手に感謝の気持ちが伝わります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です