Skip to content

お中元を受け取った側のマナーとは?

お中元はお世話になった人へ感謝の気持ちを表すために行われる行事です。基本的に目上の方に送るのが一般的ですが、受け取った側の人も、もらったまま何もしないと言うわけにはいきません、礼儀として、どのようなことをすれば良いのでしょうか。お中元を受け取ったら、まずは電話などでお礼の連絡をしましょう。本来は電話が適当ですが、最近ではメールで連絡することもあるようです。

関係性で考えてどちらにするか検討して対応します。本来のお中元は持参して、その場でお互いに感謝の意を述べるのが慣しなので、電話で直接連絡した方が、相手には印象よく感じられます。基本的にお返しの品を贈る必要はありません。ただし感謝の気持ちはしっかりと伝える必要があります。

だから電話だけで済ませるのではなく、手紙で感謝の気持ちを送るのが正しい礼儀作法になります。電話での連絡はあくまでも届いたことを伝えるためのものなので、正式なお礼は手紙にしたためて、はっきりとわかるようにしましょう。どうしてもお中元のお返しをする場合は、時期的に遅くなることもあり暑中見舞いや残暑見舞いとして贈る方が良いでしょう。お返しが必要だと思われるのは、いただいたものが身に余るようなものだった場合や同じようにお世話になった感謝を伝えたい時、対等な立場でいただいた時などが考えられます。

相手が恐縮するようなことまでする必要はないので、特別な場合だけと考えた方が良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です