Skip to content

お中元はいつまでに贈ればいいのか?

夏の行事として知られているのがお中元です。普段お世話になっている方へのご挨拶として贈り物をする風習になります。そもそもは親類縁者に先祖の供養に使う御供物を送るような習慣だったと言われています。江戸時代には現在のように上半期の区切りでお世話になった方々に感謝の気持ちを表す贈り物をするようになりました。

ではいつまでに送ると失礼がないのでしょうか。お中元の期限とも言える先祖の供養にも関係してきますが、盆の時期に合わせるように行われるのが一般的のようです。そのため地域によって少し違いが出てきます。最も早いのが東北、北陸、関東と沖縄の地域です。

7月15日までに済ませる必要があるので、急ぐ必要があります。北海道と東海から西側は、7月中旬から8月15日までとなっています。北陸の一部でこの時期に送るところもあるようです。九州は同じように8月15日までに送りますが、開始時期が8月1日からと一番遅い地域にあります。

感謝の気持ちを伝えるために行われるお中元ですから、マナーは守った方が良いでしょう。だからこそ相手の地域に合わせて、発送時期を変えてみることも重要です。受付しているところが混雑し始めると自由に到着時期を決められなくなるので、早めに申し込みをしておく気持ちが大切です。できれば6月ごろには考え始めた方が安心です。

せっかくですからただ単に送るだけでなく、受け手が気分が良くなるような対応を心がけましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です