Skip to content

夏の挨拶のお中元の意味やおすすめの品

夏に日ごろからお世話になっている方へ送るお中元は、元は道教の年中行事の「中元」が起源と言われていて、これに日本が昔から行ってきた先祖供養の風習が融合して親類や縁者などへお供え物を送る習慣になったとされてます。江戸時代には、感謝の気持ちを込めた贈り物として変わり今のように上半期の区切りにお世話になっている方へ贈る習慣が定着しました。お中元の贈る時期は地方によって異なり、首都圏だと7月上旬から15日ごろまでが一般的ですが最近は6月下旬から7月15日ごろに行うのが増えてます。この時期を過ぎると表書きは立秋までなら暑中御見舞、立秋以降だと残暑御見舞にすればよいです。

目上の方なら暑中御伺いまたは残暑御伺いとして、首都圏以外だと7月上旬から8月15日ごろがお中元の期間で立秋を過ぎたら同じように残暑御見舞として贈ります。お中元は毎年贈るのが基本で、特別お世話になった肩へ恒例としないで行うときは御礼とします。熨斗紙は紅白5本蝶結びで送る人が個人なら名前は性だけにし、お供え物の意味をもっていたので食べ物が主ですが先様に喜んでいただくことが重要なためそこまで気にする必要はないです。人気なのはやはり夏の季節にあったもので、西瓜・メロン・桃・マンゴーなどの旬の果物や、それを使った和洋菓子にアイスクリームやゼリーなど清涼感がある物が喜ばれます。

そうめんなど麺類や鰻、飲み物なら定番のアイスコーヒーにビール、サイダーなども人気があります。他にも花火や七夕などこの時期をモチーフにした日用品もいいです。お中元のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です