Skip to content

そもそもお中元とは何か

夏が近づくと、百貨店やスーパーなどでお中元にまつわる広告を目にする機会が増えます。また、結婚して家庭を持ったことで初めて「自分で品物を用意して贈った」という人も多いでしょう。そもそもお中元とは中国に由来する行事であり、祖先を供養するための日とされていました。これが日本に伝わり仏教の教えと混ざり合うことによって、次第に定着してきたといわれています。

お中元は旧暦で7月15日、新暦では8月17日のことを指しており、日本ではこの頃になると季節の贈り物を用意するのが一般的です。ただし、お中元を贈る時期に関しては、地域によって微妙に異なります。たとえば、北陸は7月1日~7月15日、九州では8月1日~8月15日頃に品物を贈るケースが多く見られるので、事前に確認しておくと良いでしょう。このように、現在ではお中元は親戚やお世話になっている人に対して日ごろの感謝の気持ちを伝えるために贈り物のやり取りをするための行事という意味合いが強くなってきました。

贈り物の相場としては3000~5000円程度が一般的とされていますが、特にお世話になっている人にはそれ以上の金額の品物を贈ることもめずらしくありません。贈り物の選択肢はさまざまあり、具体的にはお菓子や飲料、フルーツなどの食品や、洗剤やタオルなどの消耗品などが好まれる傾向にあります。ただし、贈り物を決めるときには相手の好みも考慮したうえで喜ばれそうなものを選ぶことが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です