Skip to content

お中元はいつ贈ればよいか

そもそもお中元は、中国の風習の一つで7月15日に先祖の供養をする日として定められていました。それが日本に入ってきて、お盆と混ざり合い、お中元のスタイルが出来上がったとされています。今は、お世話になっている方へ日頃の感謝を込めて相手へ贈り物をするという形が主流です。お中元の時期は地域によって若干のずれがあるため、いつ送ったらよいのか困った人もいるでしょう。

相手に失礼にならないように感謝の気持ちを伝えるためにも各地のお中元時期を知っておきましょう。一般的に関東では7月初旬~7月中旬、関西では7月下旬~8月中旬とされています。またその他の地域を細かく説明すると、北海道は7月中旬~8月中旬、九州では8月初旬~8月中旬、東北は関東と同じで、東海・中国四国地方は関西と同じというのがおおよその時期です。北陸は地域によって異なり、7月1日~15日と7月15日~8月15日とに分かれます。

また沖縄は特殊で、旧暦の7月15日頃に贈る風習が残っています。新暦でいうと8月中旬~9月初旬頃になりますが、旧暦カレンダーなどで正しい日にちを確認してから贈るのが無難です。お中元の時期は、地域によって様々ですが、沖縄と九州地方を除けば、どこの地域も7月15日あたりはあてはまっています。迷ったらこのくらいの時期に贈るのがよいでしょう。

さらにいえば時期だけではなく、相手の都合を尊重するのもマナーの一つだといえます。あらかじめいつ発送すると都合がよいかを相手に聞いてみることも大切です。このような心配りこそ、相手に感謝の気持ちが伝わる一番の思いやりでしょう。お中元のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です